2007年 08月 06日
蔵の窓
f0111673_23384193.jpg















山本本家



最近、蔵の窓がとても魅力的に感じられます。
木の板壁に白いしっくいで縁取られた小さな窓が、規則正しく、端正に並んでいる様は何ともいえず味わいがあります。何故魅力的に感じるのか、色々考えてみたのですが、一つにはとても丁寧に手間をかけて作られている。という事があると思います。
しっくいで枠を作り、木でその外側を縁取り、鉄の格子を付け、内側に建具を付けて、庇を取り付ける。ここまでで、左官屋、大工、鍛冶屋、建具屋、瓦屋と、一つの窓を作るのに、5種類もの職人を必要としています。
しかも、その手法で作らなければならなかった合理性があり、機能的でもある。というのが、最も魅力的なところです。


f0111673_23381953.jpg











松本酒造

by acehatano | 2007-08-06 23:51 | 建築


<< 風車の高原      見学 >>