2007年 08月 02日
見学
f0111673_8534258.jpg



















師である、長坂大氏設計の最新作「今熊野の家」を見せて頂きました。

間口19.22m、奥行き3.2m~5.4mというとても横に細長い平屋建ての住宅です。外壁は純白の左官壁で、サッシ枠や軒裏も白色。内部は6カ所のスペースに区切られていましたが、天井面を視覚的に連続させてあり、壁には横14mにも及ぶ水平横長窓がスペースを横断して設置され、その長さを強調する方向で各部分がデザインされていました。

改めて、こうして文字で表記すると、その白さ加減や、長さ具合が強調され、特殊な佇まいを想像してしまいます。しかし、実際の建物を体験すると、その純白の外観は周辺の木々に囲まれ馴染んでおり、内部は床のレベル差や、自立壁で適度に囲われて落ち着き、とても自然な感じです。このあたりが、設計の妙ではないかと思いました。
白いけれど、白くない。長いけれど、長くない。そういう印象の建物でした。

by acehatano | 2007-08-02 08:56 | 建築


<< 蔵の窓      久多の友禅菊 >>