2007年 02月 16日
京町家
今、京都の中心部で町家の改修設計をしています。
店舗付きの町家で、漬け物屋さんなのですが、既存の解体の時に古い漬け物石が沢山出てきたので新しいお店の床に埋め込もうと思っています。
又、昔京都市内を走っていた京都市電(路面電車)の敷石の御影石もお家にあったので、それも店舗玄関の敷石に再利用しようと思っています。

歴史を刻んだ素材は角が取れてなかなか良い味が出ており、新品には無い魅力があります。新しい部分と上手く馴染んでくれるかどうか、良く検討しないといけないのですが、古い素材を床のみに集約することでバランスを取ろうと考えています。
新しいものと古いものが一体になって、自然な感じに仕上がれば良いなあ、と思っています。

あと、ここの漬け物ですが、抜群に美味しいです。特に千枚漬けと古漬けが良いです。近くに住んでいながら今まで知らなかったのですが、クライアントであるということを抜きにしても、京都で一番かもしれません。
場所は中京区二条通寺町東入る「福田本店」さんです。現在は工事中なのでネット販売のみですが、3月中頃には改修工事が終わって営業再開される予定です。

f0111673_1154681.jpg

by acehatano | 2007-02-16 01:41 | 建築


<< 大丸横カフェ      カフェを設計中 >>