2006年 12月 27日
A HOUSE 基礎工事
A HOUSEの基礎立ち上がり部分のコンクリートを打ちました。型枠を外すのは来年になる為、今年最後の工事です。

配筋検査は先週既に終わっているので、型枠の寸法、アンカーボルトの位置、コンクリートのかぶり厚さ、結束鉄線などの処理等をチェックします。アンカーボルトとホールダウンアンカーは地震耐力上最も重要な部分なので、特に位置を慎重に確認します。

コンクリートを打ち始めると職人さんの手際の良さもあり、あっという間に打ち上がりました。幸い天気も良く、気温も想定よりずっと高めで、初日としてはかなり良い感じです。このまま年を越して、来年まで暫く養生期間になります。

今年の現場はこれで終わりですが、私には木造軸組のプレカット図面のチェックやその他諸々が残っているのでまだまだ休めそうにありません。早くやらねば!

f0111673_22432827.jpg

by acehatano | 2006-12-27 23:01 | 建築現場


<< 実感      スキー >>