2006年 12月 14日
空間から発想する
うつわ作家の青木良太さんに会ってきました。
白や銀染めのモダンなうつわを作る若手の作家で、高岡クラフトコンペでグランプリを取った時から少し気になる存在でしたが、長浜市のカフェギャラリー「季の雲」で個展を開かれていました。

聞いてみると、作品を制作するときのインスピレーションは建築空間から得ているとのこと。例えば安藤忠雄の建築に似合うようなうつわをイメージして作っているとか。この答えで彼の作品が気になっていた理由がクリアーになりました。私たち建築設計士と非常に良く似た思考回路でモノを製作していたからです。

良いデザインのうつわやインテリアエレメントは空間を引き立て、又空間をつくるときに逆にインスピレーションを与えられる事もあります。確かに、彼の作品が置かれたギャラリースペースは独特の緊張感で満たされていました。彼のような空間からモノを発想するようなデザイナーがもっと増えれば良いのになあ・・・そしたらお互い引き立て合い、もっと良い空間が作れるのに・・・と思いました。

f0111673_14362024.jpg

by acehatano | 2006-12-14 14:40 | 建築


<< キャベツ      天気待ち >>