<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 20日
花園町の家
随分暖かくなってきましたが、京都は桜の季節ももう終わりです。ですが、今年の桜はとても綺麗でした。

去年に竣工したリフォーム住宅「花園町の家」の竣工写真を満開の桜と共に撮影致しました。老後をご夫婦で楽しむ為の家となっています。

元々駐車場だったスペースに大きな桜の木が植わっており、そこに新たに小さな玄関を増築して桜を楽しめる空間としました。また、元々玄関だったスペースは書斎として、大きなテーブルを設置し、庭を見ながら読書が出来るスペースに。トイレと洗面所は一体的な空間として、広々と使いやすくなりました。車椅子での使用も考えて足元オープンなカウンター式洗面台として、冬の寒さ対策としてパネルヒーターを設置してあります。浴室は十和田石を床と腰壁に使い、壁面と天井は無節のヒノキ貼りとしました。

家具類はお施主様が持たれていたものをレイアウトしなおしたのみなのですが非常に馴染みが良く、全面的なリフォームにも関わらず以前の生活を自然に引き継ぐような空間がつくれたのではないかと思っています。

f0111673_1565845.jpg
f0111673_156529.jpg
f0111673_1584167.jpg
f0111673_1585589.jpg
f0111673_1584095.jpg
f0111673_1582763.jpg
f0111673_158449.jpg
f0111673_1574634.jpg
f0111673_1573134.jpg


by acehatano | 2012-04-20 15:12 | 作品
2012年 04月 15日
庭石
庭師の方の資材置き場に行ってきました。
色々な石があり、これらを使って庭を作るのですが石は古材と言って古い家の基礎に使われていた御影石、庭石に使われていた鞍馬石、その他かまどに使われていた煉瓦、お寺の瓦、鴨川の石など様々な色や形があります。時期は江戸時代から昭和中期までのものが多くあり、角が取れて良い味が出ています。一見廃材のようにも見えますが、アンティークであり中々良いものです。今回はこの素材の味わいを五感で感じ取るのが目的でもありました。

これらは設計側の計画した寸法通りの既製品の部材では無くて、現在有る形をアレンジしてそのまま使うので、現物を見ながら配置計画を考えることが重用です。又、庭師の方とのコミュニケーションをしっかりと取ることで目指す庭の雰囲気を共有することも大切です。

来週は庭木を選びに行く予定です。

f0111673_2365326.jpg
f0111673_237890.jpg
f0111673_2372211.jpg
f0111673_2373736.jpg
f0111673_2375727.jpg


by acehatano | 2012-04-15 02:44 | 建築