<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 28日
Intel Mac
f0111673_23104225.jpg

CADソフトの新しいバージョンに対応するために、年末になってコンピューターを新しくしました。メインのソフトがVector Worksなのと、デザインの好みから今回もマッキントッシュにしました。i-Mac 2.66GHzです。

事務所には、気がつけばMacが6台もあるのですが年を追うごとにデザインが洗練されていくのが良く分かります。置いてあるだけで仕事場が新鮮に感じられます。スピーカーやジャック類、メイン電源スイッチ等が全て側面や裏側にレイアウトされて、正面から見たときにはモニターとappleのロゴ以外何も無く、すっきりしています。キーボードの質感とシャープなプロポーションなども含めて、デザインに関わる者としてこのあたりには美しさを追求する執念を感じます。日本の家電メーカーも最近は随分デザインが良くなってきたとは思いますが、Macの製品を見るたびに、まだまだ日本の家電はデザインに対する拘りという点で負けていると思います。

又Macと言えば、京都のカフェefishのオーナーでデザイナーの西堀晋氏がApple社のデザインチームで活躍されていますが、何となく西堀氏のデザインの特徴である、清潔さや安定感など、同じ方向性を感じます。efishがオープンした時から西堀デザインのファンで、よく行っていたのですが、当時はお店によく出られてました。単品としてのデザインだけでなく、カフェの空間をつくり、家具をデザインし、食器をデザインし、カフェでコミュニケーションを楽しみ、生活全体のイメージを表現されていたことに共感した人は多いと思います。デザインにはそういう視点が大切だということを改めて感じます。

by acehatano | 2008-12-28 23:12 | デザイン
2008年 12月 19日
一級建築士試験・設計製図
昨日、今年の一級建築士試験の合格発表がありました。
私は専門学校で設計製図の講座を担当していたので結果が非常に気になっていたのですが、2次試験(設計製図)の全国平均合格率は41.7%でした。(1次試験も含めるとトータルの合格率は8.1%)

私の担当したクラスの平均合格率は72.7%という超好成績で、今までに無く高い数値だったので少し驚きました。来年の試験内容の大幅な変更を前にして、今年の受講生が如何に頑張ったかが分かる結果になりました。嬉しい反面、合格できなかった人のことを考えると素直に喜べなかったりもします。

昔ある人が、資格って言うのは足の裏の米粒みたいなもので、取れないと非常に気になる。又、取れたからといって素晴らしい設計が出来る訳ではないが、とりあえずすっきりする。と、言っていましたが、非常に良く言い当てている言葉だと思います。受験する人にとっては、非常に大きな米粒です。

by acehatano | 2008-12-19 03:03 | 建築
2008年 12月 08日
文五郎倉庫
f0111673_13394549.jpg

二年ぶりに体調を崩してしまいました。インフルエンザではありませんでしたが、急に冷え込んできたので皆さん気をつけてください。

大学の後輩の田所君が、信楽にて「文五郎釜」の倉庫のリノベーションを担当し、それが完成したということで見に行ってきました。一ヶ月前ぐらいから案内を貰っていたので、とても楽しみにしていました。
信楽は雲井釜見学以来でしたが、相変わらずのどかで静かな良い場所です。又、伝統ある古い焼き物の町でもあります。そんな中で、建築家が建物のリノベーションをするのは新鮮なイメージを提供出来る気がしました。

写真は、その倉庫の雨水タンクの巨大な壺です。雨水タンクは小さいとあまり役に立たない事が多いのですが、これぐらい大きいとかなり使えそうです。右下に付いている蛇口が小さくてかわいいですね。

「文五郎倉庫」公式サイト: http://www.bungoro.com/


f0111673_13445538.jpg


by acehatano | 2008-12-08 14:09 | 散歩・旅
2008年 12月 02日
紅葉
f0111673_2411442.jpg


今日は天気が良いので、景色もよく見えます。事務所近くの公園も紅葉が素晴らしく、思わず携帯カメラで撮影しました。

そういえば先日、新しくリフォームの相談に来られた方のお子さんが、赤く紅葉した楓の葉を持って来て見せてくれました。凄く綺麗な赤の大きな葉でした。
それで思い出したのですが、私は子供の頃、何故か祖母が手入れをしていたモミジの盆栽が欲しいと言ったことがありました。さすがに幼稚園ぐらいでしたので、盆栽に興味は無かったのですが、モミジの葉の独特なかたちに凄く惹かれて、どうしても欲しいと思ったのでした。少しパターンは違いますが・・・これは同じ感性ですね(笑)。

私の場合、盆栽を欲しがる子供?というのはあまりかわいくない行動だったかもしれませんが、子供も惹かれる紅葉の葉はデザインとして秀逸なんだと改めて思いました。

by acehatano | 2008-12-02 02:44 | 散歩・旅