<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 02月 25日
雪と晴天
f0111673_042415.jpg

今シーズン3回目のスキーに行ってきました。
天気予報通り、大荒れの天気によって前夜は大雪になったので皆ノロノロ運転。スキー場まであと少しのところで大渋滞してました。あまりに進まないので、あきらめて車窓から道の脇を眺めていたら、空も晴れてきて中々良い景色です。気が付くと前の車の人も車から降りて写真を撮ってました。渋滞は大変でしたが、晴天と雪景色の組み合わせは中々良いものです。


f0111673_09614.jpg
by MEDIA SKIN

by acehatano | 2008-02-25 00:13 | 散歩・旅
2008年 02月 18日
元興寺
f0111673_0402361.jpg

A.C.E. 波多野一級建築士事務所

奈良に行ってきました。

奈良女子大の住環境学科の卒業製作展を見て、奈良町の町並み、そして元興寺を見ました。この元興寺、何と蘇我馬子が開基で起源は飛鳥時代、本堂の極楽堂と僧坊は国宝、ユネスコ世界文化遺産にもなっている非常に由緒正しい・・・・というか日本の寺の原点みたいなお寺なのですが、妖怪の伝説でも有名で、「ガゴゼ」とか「ガゴジ」という鬼?のような妖怪が出るという話が平安時代の文献に載っているそうです。大蔵流狂言の「清水」にも「ガゴゼ」が登場します。非常に奥深いというか、興味深いお寺です。

建築的には、まず本堂の正面の柱間が6間で偶数となっている点が、宗教建築としては非常に珍しいと思われます。通常、正面の真ん中には柱間がくるようにするので、柱間の数は奇数=3間又は5間、7間等になっていることが多いです。そうすると、建物のど真ん中から建物内に入る事が出来ます。神社なんかもそうなっていることが多いですし、ギリシャのパルテノン神殿もそうです。何となく・・・ですが真ん中から入れると、ありがたい感じがしますよね?
柱間が偶数=2間又は4間、6間等だと、ど真ん中には柱が有るので、正面中央から建物内には入れません。又、建物内部の中心に仏像等を据える際に柱が邪魔になって据えられない、というい弊害もあります。(但し、出雲大社などのような、大社造りの神殿では柱そのものを神聖なものとして重要視するため、柱間は偶数となっています)

で、この元興寺本堂の場合、内部に入ると中央の柱は抜き取られていて、仏像が据えられていました。なので外観のスパンの数は偶数、内観では奇数になっています。しかも、凄く太い丸柱が並んでおり、とても骨太な印象の内部空間です。どうして、こういう設計にしたのか?不思議な点が多くありましたが、悠久の平城京のおおらかな雰囲気に支配されている境内では、そんな細かいことはどうでも良いのだよ。と思わせられました。

f0111673_0405350.jpg


by acehatano | 2008-02-18 00:54 | 散歩・旅
2008年 02月 11日
見学会
f0111673_1371046.jpg

以前勤めていた設計事務所megaの最新作「下鴨の家3」のオープンハウスに行ってきました。最大の見せ場は、加茂川の緑を望む2階の大きなテラスでしたが、そこへ至るまでの経路がとても良く出来ていて、見せ場がより効果的になっていました。
クライマックスやサビに向かって、徐々に盛り上げていく前段階は、映画や音楽と同様、建築設計でもとても大切な部分です。建築の場合シーンを自由に逆戻り出来る為、それも含めて考えないといないのが、ちょっと複雑なところです。しかし、その出来具合によって、確かに建物が楽しく感じられたり、つまらないと感じられたりします。せっかくつくるのだったら、楽しいと感じられる住宅を設計したい。改めて、そう感じました。

A.C.E.波多野一級建築士事務所

by acehatano | 2008-02-11 01:41 | 建築
2008年 02月 01日
壁面収納・間接照明付が完成
f0111673_165524.jpg

先日ご紹介した、壁面収納が完成しました。
電気屋さんが、照明器具を設置して初めてスイッチを入れる瞬間は、イメージ通りの光になっているか心配で、毎回ドキドキします。照度計算は出来ても、イメージまでは数字では計算出来ないのが照明計画です。今回も、思った通りに光ってくれたので、ホーッとしました。
やわらかくて、力強い光です。

by acehatano | 2008-02-01 16:52 | 建築現場