<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2007年 06月 18日
「巴の家」竣工
f0111673_9185013.jpg
f0111673_9185916.jpg
f0111673_919896.jpg
f0111673_9191738.jpg
f0111673_9192763.jpg




















「巴の家」が竣工しました。
山裾にある、お寺の境内に建つ住宅(庫裡=住職の住む建物)です。非常にコンパクトな外観ですが、内部は傾斜屋根を利用した大空間を内包し、とても広く感じられるようになっています。又、内装は厳しい気候条件を考慮して、やわらかく感じられ、暖かみのある素材を選んでいます。
このお寺の開祖が巴御前であると伝えられている事と、檀家の方にも親しまれている名前であることから「巴の家」としました。
今後は、アプローチ計画を含めた前庭づくりをおこなう予定で、又完成したときはご報告したいと思います。

所在地 : 京都府南丹市
用途 : 住宅(庫裡)
構造規模 : 木造軸組地上3階
建築面積 : 58.97平米
延べ床面積 : 144.15平米
主な外部仕上 : しっくい、米松、杉、スプルス、リシン吹付
主な内部仕上 : 栗フローリング、石灰クリーム、北欧パイン材、オスモクリア、AEP

設計 : A.C.E. 波多野一級建築士事務所 / 波多野 崇
施工 : 株式会社片山工務店

※ホームページでは近日公開予定です

by acehatano | 2007-06-18 10:12 | 作品
2007年 06月 14日
竣工写真撮影
f0111673_082628.jpg


















八木町の住宅A HOUSE改め「巴の家」の竣工写真の撮影が行われました。
当日は快晴でコンディションとしては最高の撮影日よりです。又、窓から入る光が鮮やかでとても綺麗でした。仕上がりが期待できます。
この住宅の構造設計を担当して頂いた、福永氏も駆けつけ完成した姿を見てもらいました。この福永氏、実は相当なカメラ好きでもあります。当日は高校時代に買ったというニコンのFEと18mmレンズを持って登場し、製造中止になったデッドストックのコダックフィルムで一緒に撮影していました。
さらに、アンテナ調整の為に来ていた電気屋さんも、実はカメラ好きでキャノンの一眼デジカメの上級モデルの5Dと1D-Mark2の2台を所有しているとの事。一度撮ってもらいたいものです。しかし、この業界は本当にカメラ好きが多いです。

by acehatano | 2007-06-14 00:36 | 建築
2007年 06月 07日
栃ダイニングテーブル完成
f0111673_2033520.jpg


















ようやく、栃のダイニングテーブルが完成しました。
このテーブルのデザインと寸法は、置かれるダイニングルームにぴったり合うように考えました。家具と空間は一体でデザインされるべきで、それぞれお互いが引き立てあって、より快適で魅力的な空間を作ることができるからです。特に最近は、家具のイメージを明確にしてプランを描き始めるようになってきました。ですので、基本プランが固まるころには家具のデザインも頭の中には同時にイメージされています。

脚も同材の栃で、断面寸法は180mmx65mmもあり、間近で見ると迫力があります。上からはあまり見えませんが、脚と天板を支える骨組みはナラ材を使用しており、それぞれが強固に組み合わされて100kg以上の自重を支えています。

製作は京北町にある家具工房の樹輪舎さんにお願いしました。製作時から搬入まで、超重量級である為、大変だったと思いますが見事期待に応えて頂けました。本当にご苦労様でした。

by acehatano | 2007-06-07 20:24 | 作品
2007年 06月 01日
狂言・清水(しみず)
狂言のワークショップが終了してから、早2ヶ月です。当初は演劇関係はどちらかというと不得意な分野なので、続けるつもりは全く無かったのですが、意外に稽古事としての負担が少ない事。台本と所作の素晴らしさと奥の深さに興味を引かれてしまい、あともう少し続けたいと思うようになり、再び網谷先生の教室に通う事になりました。
今回の演目は「清水」です。台詞の中に京都の昔の名水が3つ出てくるのですが「醒ヶ井の水」「柳の水」「野中の清水」です。この演目の主な舞台になる「野中の清水」は実在しない架空の場所だそうですが(京都ではなく、神戸市西区に実在したそうです。(10/2訂正))、「醒ヶ井の水」と「柳の水」は実在し、特に「柳の水」は今でも有料ですが飲めるそうです。場所は中京区西洞院通三条下ル、現在はどんな味なのか・・・近々行ってみようと思います。

by acehatano | 2007-06-01 00:00 | 狂言