<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2007年 04月 29日
「小山の家」見学
f0111673_2127484.jpgf0111673_2127595.jpg

















連休初日、私の師である建築家・長坂大氏の設計した「小山の家」のオープンハウスに行ってきました。
敷地は川沿いの道路から一筋入った道に面しているのですが、2階からは土手の木々が良く見えてとても気持ちの良いテラス空間がつくられていました。
テラスの腰壁の高さが絶妙で、高すぎず低すぎずでちょうど良い感じです。仕上げに使われていた割肌の天然スレートは、実はクライアントの「雨の日の風景がとても好き」という言葉から、雨に濡れて映える素材を、という事で採用になったそうです。
こういうロマンチックな要望が実現されるのも、個人住宅ならではですね。是非、雨の日に再び訪れてみたいものです。

by acehatano | 2007-04-29 21:29 | 建築
2007年 04月 29日
イージーチェア完成
f0111673_13412954.jpg
リフォームに出していたイージーチェアが完成しました。最初に見た姿とは全然違って、新品としか思えません。
父親の話によると、テーラーに置く椅子は一度座ったら立ちたくなくなるようなものが良い。ということで、この椅子は合格のようでした。
今後はこの椅子に合わせたローテーブルを探して欲しいと言われ、又仕事の合間に家具店巡りです。

by acehatano | 2007-04-29 14:03 | 建築
2007年 04月 26日
ボーエ・モーエンセンのイージーチェア
f0111673_2235527.jpg














最近、実家の近くの老舗家具店に寄ってみたところ、店の奥の隅に「修理中」の札が付けられている中古の椅子を見つけました。全く売る気を感じさせないぐらい適当に置かれていて、木部も表面が少し荒れているように見えました。

しかし、中々良い形をしてる・・・・と感じ、さらに良く見ると、これはボーエ・モーエンセンデザインのローバック・イージーチェアではないか?と思い、店員に尋ねたところ正解でした。しかもフレデリシア社のマーク付き・・・・これは掘り出し物です。
ちょうど、実家の店(テーラーハタノ)の家具の選定を任されていたので三脚買うことにしました。

全て塗装を剥がして表面を綺麗にし再塗装、座面とクッションを貼り替えてもらう事にしたのですが、そこまでやっても新品の1/3の金額です。実は、家具をリフォームするとびっくりするぐらい綺麗になります。特にデンマークの良い家具は長持ちするので、その効果が期待できます。

さて、どのように生まれ変わるのか?出来上がりが今からとても楽しみです。

by acehatano | 2007-04-26 23:05 | 建築
2007年 04月 22日
ローライフレックスSL35E
f0111673_921085.jpg













私の愛機です。ローライというと2眼カメラや中判カメラが有名ですが、これは35ミリ一眼レフカメラです。常用レンズはRolleiner-mc・28mmです。
建築学生にカメラは必需品という事で、大学時代にカメラが趣味の父親から譲り受けたものなのですが、色々な建築視察の旅に連れて行きました。故障が多く、何度もオーバーホールに出していて未だに突然シャッターが切れなくなることがあるのですが、条件が整うと中々良い写真を撮らせてくれます。
カメラの性能や信頼性、交換レンズの豊富さということを考えるとニコンやキャノンの方が良いとは思うのですが、今のカメラには無い直線的なフォルムと、インターフェイスのレイアウトの端正さが好きで手放せません。これからも末永く大切に使っていこうと思っています。

by acehatano | 2007-04-22 09:50 | カメラ
2007年 04月 19日
高断熱と吸放湿性の素材
f0111673_20185872.jpg



















南丹市八木町の住宅「A HOUSE」の内装工事が始まりました。
今回は敷地が山裾にあり、地下水脈が近くに流れている事もあり断熱と湿気対策にはかなり気を使っています。基礎は防湿シート+ベタ基礎とし、センサー式床下換気扇を設置しており、断熱は住宅金融機構の次世代省エネルギー基準を採用しています。
又、室内の壁表面で結露しないように内装材には無垢の木材や左官塗り材を多用しています。材料は性能面で決めた部分が大きかったのですが、実際に木の壁材が貼られていくに従って実は感覚的な面での効果も相当大きい事が実感できました。
クロス貼りやペンキ塗りの壁などと比較して、無垢の木の壁というのはとても柔らかい雰囲気に感じられます。現場は市内と異なりまだ少し肌寒いのですが、この壁が貼られて少し暖かくなったようにも思えます。さらに湿度的にも、いかにも快適そうです。これが、数値や写真では表せない「空間の質」というものだと思います。
今後も数値性能だけでは無く、この感覚的な部分を大切にして行きたいと、改めて思いました。

by acehatano | 2007-04-19 20:31 | 建築
2007年 04月 16日
大原ふれあい朝市
f0111673_14275122.jpg











日曜日に久しぶりに朝から出かけて「大原ふれあい朝市」に行ってきました。
採れたての野菜や果物、地鶏の卵、自家製の漬物や菓子などが販売されているという情報があり。比較的新鮮な食材が手に入りにくい京都市において、こういう市は貴重です。
(どなたか、京都市内で新鮮な野菜や魚が気軽に手に入る良いスポットをご存じの方がおられましたら、是非教えて下さい。)

しかし、朝はAM7時半〜AM11時半まで開かれているのですが、到着したのが8時ぐらいだったので野菜類は大方売り切れていたようでした。既に買い物を終えた、多くの人たちで狭い会場は大にぎわいでしたが若干後の祭り状態でした。
仕方がないので、出来たての「ヨモギ餅」と「天日干しの新米」を買い、無料サービスの「豆乳湯豆腐」を食べて、あとは色々眺めて次回はもっと早くに来ようと決心したのでした。

by acehatano | 2007-04-16 14:33 | 散歩・旅
2007年 04月 09日
尾鷲・須賀利の漁村
尾鷲に行ってきました。
当初の目的は最近竣工した「熊野古道センター」の見学だったのですが、そこの職員さんに須賀利という漁村がとても美しいと教えてもらったのでついでに行ってみることにしました。
尾鷲市街から須賀利への公共の交通手段は船のみ、しかも船は一日に4本ぐらいしか運行しておらず、ガイドマップにも小さく載っているのみで、あまり観光化されていない印象です。
須賀利に着くと、そこはもの凄く静かでのんびりした時間が流れていました。小さな湾に面し、山の斜面に沿うように集落が出来ており、波は穏やかで聞こえるのは鳥の鳴き声と風の音ぐらい。天気も良かったので端から端まで散策してみたのですが、まるでイタリアの山岳都市のような細くて曲がりくねった高低差のある街路はとても楽しい。見晴らしの良いところに座って集落を眺めると、湾を背景に切り妻瓦屋根がつらなる風景は確かに美しい。まだ日本にもこんなに素朴な美しさをたたえた集落が存在したのだ、という事に少し嬉しくなりました。
集落では高齢化が進み現在空き屋が75軒もあるそうです。しかし、変に再開発される事なくこの希有な環境をいつまでも保ち続けて欲しいと思いました。

f0111673_1838143.jpgf0111673_18383116.jpg

by acehatano | 2007-04-09 19:00 | 散歩・旅
2007年 04月 03日
町家・福田本店
f0111673_13462020.jpg漬物屋店舗の福田本店(リフォーム)が完成しました。
瓦屋根を覆い隠してしまっていた既存の建物を、元の屋根が見える姿に復旧し、新しい店舗に生まれ変わらせて欲しいというクライアントの要望から始まったこのプロジェクトでしたが、様々な困難を乗り越えほぼ当初の設計計画通りに出来上がりました。
クライアントの福田さん、ウノダ工務店、二条銘木、その他の多くの方々のご協力により、予想を越える仕上がりとなったと思っています。皆様、ありがとうございました。

f0111673_146735.jpg












福田本店
京都市中京区二条通寺町東入榎木町72
075-231-6954
営業時間:AM8:00〜PM6:30
定休日:第一、第三日曜日
私のお勧め:壬生菜の古漬け、千枚漬け、長芋の浅漬け

設計:A.C.E. 波多野一級建築士事務所

by acehatano | 2007-04-03 14:12 | 作品