<   2006年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 30日
実感
先日、昔勤めていた事務所の忘年会があり、呼ばれたので参加してきました。
今年の総括と、来年一緒にやるプロジェクトの話。また建築、デザインや昔見ていたテレビ、映画、ブログ、食べ物、宝くじ?の話まで、久しぶりに色々聞けて楽しかったです。

二次会は木屋町のリバーオリエンタルのカフェバーへ。深いソファと暗い照明が心地よくて、とてもゆっくりできました。店を出る時、外の空気の冷たさとライトアップされた石畳の前庭が綺麗で、それが何故かとても年末らしい風景に思えました。直前まで仕事だったので年末を感じることが無かったのですが、その瞬間に、今年もあと数日で終わるのだな・・・と、ようやく実感できました。

f0111673_2313980.jpg

by acehatano | 2006-12-30 02:48
2006年 12月 27日
A HOUSE 基礎工事
A HOUSEの基礎立ち上がり部分のコンクリートを打ちました。型枠を外すのは来年になる為、今年最後の工事です。

配筋検査は先週既に終わっているので、型枠の寸法、アンカーボルトの位置、コンクリートのかぶり厚さ、結束鉄線などの処理等をチェックします。アンカーボルトとホールダウンアンカーは地震耐力上最も重要な部分なので、特に位置を慎重に確認します。

コンクリートを打ち始めると職人さんの手際の良さもあり、あっという間に打ち上がりました。幸い天気も良く、気温も想定よりずっと高めで、初日としてはかなり良い感じです。このまま年を越して、来年まで暫く養生期間になります。

今年の現場はこれで終わりですが、私には木造軸組のプレカット図面のチェックやその他諸々が残っているのでまだまだ休めそうにありません。早くやらねば!

f0111673_22432827.jpg

by acehatano | 2006-12-27 23:01 | 建築現場
2006年 12月 26日
スキー
f0111673_2314242.jpg













今シーズンの初スキーに友人と行ってきました。
行き先は岐阜県のダイナランド。人工雪でコースは一本のみでしたが上の方の雪質はこの時期にしてはなかなかで、リフト待ちも相当長いだろうと覚悟していたのですが全く待たずに乗れました。冬至の翌日だったので、リフトが停止する5時前にはナイター照明が点灯していましたが、天候も良くかなりの距離を滑って充実した休日でした。

友人が新しいスキー板を買ったので、少しの間私の板と交換してみたのですが最新のスキー板は良いです。エッジが尖っているということもあるのですが、とても曲がりやすい。私のスキー板はダイナスターのツイスターという5年ほど前のモデルで、当時試乗した時はびっくりするぐらい乗りやすくて感激して購入したのですが、今のモデルはさらに進化してるんですね。

f0111673_23144454.jpg













ブログ村 住宅設計・建築家

by acehatano | 2006-12-26 00:12
2006年 12月 22日
仕事の余白時間
f0111673_183591.jpg










現在工事中の「A HOUSE」の現場は京都府南丹市八木町で、私のアトリエのある京都市からは車で2時間ほどかかります。
監理は半日から一日がかりなので弁当持ちになることが多く、現場での打合せが昼からの場合、その道中で車を止めて気持ち良く弁当を食べられる場所を確保することが必要になってきます。(気持ち良く、がポイント!)

学生時代、バイクでよく遠出すると、昼ご飯を食べる場所や、テントを設営するのに適した場所を探す為に知らない町をぐるぐると走り回っていた癖で、今でも知らない町に行くと、それに適した場所を無意識に探し出してしまいます。さらに建築士として、町や都市の特徴や構造を探り研究する為にわざと脇道にそれてみたりもします。(この脇道探検は修業時代の設計事務所で教わりました。)一見むだとも思えるこの行為が、実は良い空間や面白い建物をつくるのにとても重要なのではないかと思っています。

そういうわけで、今回の八木町でもお気に入りの場所を確保しています。それは大堰川のほとりにある公園です。絶景というわけではないし、自然がいっぱいというほどでは無いのですが、水面が近く、流れも穏やかで静かなのでとても落ち着きます。また、大堰川は下流に行くにしたがって保津川、桂川と名前を変えます。私にとって桂川は非常に親しみのある川なので、上流である大堰川にも親近感を感じるということもあります。
慌ただしい現場であっても昼ご飯の時間は大切。ここで弁当を食べた後の現場は気合い十分で、今日もとても良い仕事が出来る気がしてきます。


ブログ村 住宅設計・建築家

by acehatano | 2006-12-22 01:26 | 建築現場
2006年 12月 16日
キャベツ
このところ野菜がもの凄く安い。
ニュースでは白菜を処分している映像が流れたり、生産者には大変な事態になっているようだ。しかし、消費者にとってはまたとない機会なのでこれからキャベツを使った料理を色々試してみようと思う。ソテー、ロールキャベツ、お好み焼き等。もしかしたらあこがれの千切りも上手くなるかもしれない。
というわけで早速切ってみた。写真で見ると上手そうですがかなり荒いです。イメージ通りに切れるようにこれから頑張りたいと思います。

f0111673_21475958.jpg












ブログ村 住宅設計・建築家

by acehatano | 2006-12-16 22:54 | 料理
2006年 12月 14日
空間から発想する
うつわ作家の青木良太さんに会ってきました。
白や銀染めのモダンなうつわを作る若手の作家で、高岡クラフトコンペでグランプリを取った時から少し気になる存在でしたが、長浜市のカフェギャラリー「季の雲」で個展を開かれていました。

聞いてみると、作品を制作するときのインスピレーションは建築空間から得ているとのこと。例えば安藤忠雄の建築に似合うようなうつわをイメージして作っているとか。この答えで彼の作品が気になっていた理由がクリアーになりました。私たち建築設計士と非常に良く似た思考回路でモノを製作していたからです。

良いデザインのうつわやインテリアエレメントは空間を引き立て、又空間をつくるときに逆にインスピレーションを与えられる事もあります。確かに、彼の作品が置かれたギャラリースペースは独特の緊張感で満たされていました。彼のような空間からモノを発想するようなデザイナーがもっと増えれば良いのになあ・・・そしたらお互い引き立て合い、もっと良い空間が作れるのに・・・と思いました。

f0111673_14362024.jpg

by acehatano | 2006-12-14 14:40 | 建築
2006年 12月 10日
天気待ち
f0111673_22551145.jpg













今日は、友人の建築家イマムラフミヒコ氏の設計した住宅の竣工写真の撮影が行われると聞いたので、見学に行ってきました。色々なムクの木を使いこなし、建具も工夫がされており良い勉強になりました。

カメラマンは友人で新婚のN君。3人とも親しい間柄ということもあって緊張感の中にもなごやかな雰囲気で撮影は進んでゆきました。しかし、今日の天気は晴れたり曇ったり。N君としては晴れた青空のもとで撮りたいという事で、朝8時30分から撮影を開始して雲間から太陽がのぞいた瞬間にシャッターを切るため、ひたすら天気待ち。
気が付いたら夕方の5時になっていて、それからみんなで凄く遅い昼ご飯を食べに行ったのでした。

f0111673_22562228.jpg







N君の愛機EBONY+SCHNEIDER
(今回はお休み)

by acehatano | 2006-12-10 23:12
2006年 12月 08日
京白みそ
料亭で教えてもらった白みそを使ってみました。
5年ぐらい前に紫野和久傳に行ったときに飲んだ白みそのみそ汁が凄く美味しかったので、思わず板前さんにどこのみそを使ってるのんですか?と聞いたら、「加藤みそ」です。と即答で教えてくれました。今考えると良く簡単に教えてくれましたね。材料が同じでもそう簡単には同じ味にはならないけれど、機会があったら買いに行こうとずーっと思っていました。

そして本日とうとう手に入れました。きっともの凄く高いだろうと思っていたら、意外と安くて500グラム450円でした。高い材料を使えば良いということでは無く、やはり重要なのは調理の腕なのですね。
建築も高い材料を使ったからといって、必ずしも良いものは出来ません。建築設計と同じだなあと改めて思いました。

飲んだ感想は、予想通り同じ味にはほど遠いけれど確かに味のベースは同じに。これから色々ダシの取り方を研究したいと思います。

f0111673_21155645.jpg










加藤みそ
住所:京都市上京区猪熊通り出水上る

by acehatano | 2006-12-08 22:08 | 料理
2006年 12月 06日
仏式の地鎮祭
今日は「A HOUSE」の地鎮祭がありました。
地鎮祭というと神主さんが大麻(おおぬさ)を振りながら儀式を行う神式がよく見かけられる光景なのですが、今回はクライアントがお寺のご住職という事もあって、儀式は全て仏式で行われています。

地鎮祭自体は何度も経験しているのですが、仏式は今回が初めて。どういう決まり事があるのか?持参しなくてはいけないものは?と少し戸惑ったりしました。
神式の場合はクライアント、設計者、施工者それぞれに儀式上の役割が別々に決まっています。一方、仏式はご住職によると、参列者は数珠を用意してお焼香をすれば良いとのこと。ご住職がお経を上げ、それが終わると檀家総代さん、続いて設計者の私、そして工務店の社長がそれぞれ焼香して終わるというシンプルなものでした。

実際の儀式は、ご住職のお経を上げる声がとても趣があり、神聖な気持ちになれる良い式でした。地鎮祭の基本は、土地の霊に対して工事のことわりを申し出て、これから始まる工事が無事に進行するよう祈る事なのですが、今回の地鎮祭ではよりシンプルな儀式であるがゆえに鮮明にそのことを意識しました。
これから約半年、良い建物になるように現場監理を頑張りたいと思います。

f0111673_21454199.jpg

by acehatano | 2006-12-06 00:14 | 建築現場
2006年 12月 03日
趣味の話
5年ぶりにモトクロスをしてきました。
バイクに乗っている言うと、外見からは想像できないとよく言われるのですが実は16歳の時にカワサキのKX80に初めて乗り、その後17台のバイクを乗り継いできました。今の愛車はホンダのCRM250Rです。(モトクロッサーではありませんが)

仕事の都合でしばらくバイクから遠ざかっていましたが、思い切ってお休みしていたモトクロスを復活する事を決めました。最近運動不足気味で、ジムに行ったり水泳したり色々試したのですが中々モチベーションが上がらず困っていました。しかし、復活を決めたとたんにジムに行くのも水泳するのも俄然やる気が出てきて効果も上がり始めました。

モトクロスは、バイクが走ってくれるので楽そうに見えますが、実はもの凄く体力を消費するので、他のスポーツ同様に普段から基礎トレーニングしておかないと駄目なのです。

今日のコースはチキンランド。宇治市の山の中腹にあるのですが、友達のK君と行きました。天気良くてコンディションも最高。久々に走ってみてもやっぱり面白い。まずは体を慣れさせないといけないので無理はしませんでしたが、かなり良い運動になりました。

やはり忙しくても好きなスポーツが出来るって大切なことですね。

by acehatano | 2006-12-03 23:52 | バイク