2017年 05月 24日
木のデッキテラスとNYチェアー
f0111673_21363079.jpg


私は木製のデッキテラスを必ずと言って良いほど、庭の一部に設計します。
今のように気候の良い季節に、屋内から庭に出るときの気持ちの良い感覚をより楽しみたい、という思いがあります。そしてその提案に対してお客様が共感して下さる、又は設計当初から要望されることも多いです。

設計していて毎回思うのは、デッキテラスに似合う家具が意外に少ないことです。この写真のNYチェアは1970年に日本で生まれた折りたたみ椅子の名作ですが、本来は屋内のリビングで使う安楽椅子です。

座り心地が良くて、軽くて丈夫、コストと価格のバランスが良く、見た目も美しく、普通に使っても素晴らしい椅子なのですが、たまたま竣工写真撮影の時にデッキに置いてみるとより一層デッキを魅力的に見せてくれることに気づきました。

それ以来、デッキ用の椅子のお勧めを聞かれるとNYチェアです、と答えるようにしています。但し本来は屋内用なので、普段は屋内に置いておくことをお勧めします。折りたたみ椅子なので、使わない時は折りたたんで収納出来るところも便利です。

何だか椅子の宣伝のようになってしまいましたが、この椅子に負けないような魅力的なデッキテラスのある空間を設計したいと思っています。

設計 : A.C.E. 波多野一級建築士事務所
撮影:沼田俊之

f0111673_21385683.jpg
f0111673_21394354.jpg


by acehatano | 2017-05-24 21:43 | 建築


<< リノベーション住宅のキッチン      岩倉の森になる住宅群 >>