2017年 04月 22日
植物と共に暮らすこと
f0111673_21444962.jpg

春は新緑の季節です。
昨年設計監理した北白川のお花屋さん(+住宅)に伺いましたが、2階と3階の窓辺にも新緑が芽吹き始めていました。

上階のバルコニー状の部分はプランターボックスのサイズに合わせて作った花台です。家の中からも緑が楽しめて、道行く人から見てもお花屋さんらしい、植物に彩られた風景が作れます。さらに、夏は強い日差しが緑の葉っぱに遮られて、涼しく過ごせるという効果も期待出来ます。

街中では周囲の景色が良くなかったり、庭が十分確保できなかったりすることもあると思いますが、鉢植えや屋内の観用植物に囲まれて暮らすというのも良いものです。特に今回はお客様が植物のプロということで、色々インスピレーションを頂いて設計してみました。住む人が植物と共に暮らしながら内外の風景を育てていくということを考えた建物です。


北白川のお花屋さん : joujou flowers
京都の建築設計事務所 : A.C.E. 波多野一級建築士事務所

by acehatano | 2017-04-22 21:55 | 建築


<< 雑誌掲載のお知らせ      クリ無垢材の経年変化について >>