2017年 04月 05日
家具をつくることについて
家具のデザインを考えることが好きです。良い建築空間をつくるためには、良質な家具が必要だと思っています。
座り心地の良いソファや椅子は特に大切で、毎回設計した住宅に最も似合う椅子をお勧めしたり、ご依頼があった時には設計してつくったりします。

今回は、当事務所で過去に設計したソファと椅子についてご紹介します。

f0111673_22205353.jpg

リビングルームの造作ソファです。適度な柔らかさのクッションと肌触りの良い生地を選びました。
ゆっくり本が読めて、静かな庭が眺められます。




f0111673_22224832.jpg
f0111673_22243471.jpg

書斎用の椅子で、ゆったりした幅広の肘掛けが特徴です。
脚と背もたれはナラ材。座面は手編みのペーパーコードを使用しています。





f0111673_2226491.jpg
f0111673_22262529.jpg

お風呂用の椅子です。耐水性の高い無節のヒノキ材を使い、
釘や接着材を使わずに、仕口と楔だけで組むことで耐久性を持たせています。




設計 : A.C.E.波多野一級建築士事務所
製作 : 坂田卓也製作所、村上椅子、高橋工務店

by acehatano | 2017-04-05 22:47 | デザイン


<< クリ無垢材の経年変化について      分かりやすい家づくり入門 「ハ... >>